【VPSでMT4利用者必見!!】自動ログオンとMT4自動立ち上げ設定方法について

こんにちは、Gackyです。
当ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

さて、今回はVPS上でMT4を使用し、且つ、自動売買(以下、EAと略)で運用している人向けの記事になります。つまり、ほぼ全てのモニターさんが該当するのではと思います

 

一度VPS上でMT4をセットアップしたら最低限のメンテナンスで運用したいと思うのですが、時にはVPS業者によるメンテナンスのためにシステムを再起動する必要があります。
また、何らかの障害によって緊急の再起動が発生するケースもあります。

 

パソコンを使った取引であるため、定期メンテナンスが必要なのは仕方ないことなのですが、その度に業者からの通知を確認できているかと言われるとそうでないケースがあるかと思います。

 

例えば…

 

ん?何で決済せず、そのままポジション持っているんだろう…
あれれ?エントリーするはずなのにされないぞ…

 

という経験をされた方もいるかもしれません。その後、VPS上のPCを確認してみると、MT4が停止しており(つまり、EAも停止)、理由が業者側の何らかのトラブルで再起動がかけられ、そのままMT4が起動していない状態になっていた等々…

 

ということで、今回はVPSの再起動によってMT4が停止してしまった際の対処法になります。気付くのが遅くなると機会損失が出てしまうことがありますし、もうすでに設定されている方もいるとは思いますが、未実施の方は出来るだけ下記に示すような対策をした方が良いと思います。

 

他の方法もあるかもしれませんが、ここでは私が最低限必要だと考えているVPSの自動ログオン及びMT4の自動立ち上げの方法を紹介したいと思います。

 

それではいきましょう!!

 

 

VPSの再起動後ってどうなるの?

先程の通りですが、VPSの再起動がかかった場合、リモートデスクトップなどでログオンしない限りVPS自体もログオンされません
そのため、MT4の起動どころか、VPS自体がスタンバイ状態に等しく、「何もしていない状態」という事になります。

 

大きなポジションを持った直後にVPSの再起動などがかかってしまったら…
非常に心配になりますよね。時には、運用口座に致命的な損失を与える可能性も…

 

 

少し大げさでしたが、こういった状況を避けるよう最低限再起動に備える設定を行っておきましょう!

 

 

自動ログオンの設定

マイクロソフトより「Autologon.exe」と言うプログラムを配布していますので、これを利用します。マイクロソフト提供のプログラムですので、何の問題もないかと思います。

下記マイクロソフトホームページからダウンロード出来ます。

http://technet.microsoft.com/ja-jp/sysinternals/bb963905.aspx

 

もし下記のようにダウンロードアイコンからダウンロード出来ないようでしたら、下記青枠箇所から可能です。(2020年8月時点の情報です)

 

 

以下の画面が表示される場合、エラーです。

 

 

こちらのファイルを下のようにVPSのデスクトップに貼り付け、「Autologon.exe」をダブルクリックし起動してください。

 

 

以下のウインドウが開きます(アプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?などが表示されるときは「はい」を選択してください)。「 Autologon-Sysinternals」が開きます。

 

UsernameとDomainは自動で入力されているはずなので、リモートデスクトップにログオンする際のVPSのパスワードを「Password」へ入力し「Enable」をクリックし、次のメッセージをOKして下さい。

 

 

 

これだけで次回再起動時に自動でログオンされるようになります。

 

 

MT4自動立ち上げ設定

次にWindowsの機能である「スタートアップ」にMT4の起動を登録する、という方法でログオン後の自動立ち上げを可能にします。

 

左下のスタートメニューにマウスカーソルを持って行き、右クリックします。
「ファイル名を指定して実行(R)」をクリックします。

 

 

名前(O)に「shell:startup」と入力し、OKをクリック。

 

 

以下のように空のスタートアップフォルダが開きます。

 

 

こちらのフォルダ内にXMのMT4ショートカットをドラッグ&ドロップで移動させます。

 

 

以下のように格納されればOKです。

 

 

これだけでMT4の自動立ち上げ設定は完了です。
実際にPCを再起動し、MT4が自動で起動するかを確認しておきましょう!

 

今回はWindows10でのやり方を例に紹介しましたが、Windowsサーバーなども含めてやることは同じです。

 

「shell:startup」でスタートアップフォルダを開き、そのフォルダ内にショートカットを置く、を覚えておいていただければと思います。

 

 

まとめ

いかがでしたか?
MT4のインストール、VPSの契約など、一通り経験して完了されている方にとっては容易に設定出来るのではないでしょうか。

 

また、複数のMT4口座を稼働させる場合、スタートアップフォルダに起動させたい分のMT4ショートカットを入れるだけで対応が可能です。私の経験では、最大で4口座ほどをVPSの1.5GBプランで運用しても、きちんとすべてのMT4が立ち上がって稼働していました。

 

このような設定を後回しにしてしまい、肝心の時にMT4が稼働できていない!なんて事にならないようにしましょう!

 

 

関連記事

こんにちは、Gacky(ガッキー)です。 今回の記事は以下の項目に該当する方には非常に重要な話になります。   パソコンをお持ちでない方 自宅のパソコンを24時間稼働させられない方 パソコンはある[…]

 

 

この記事が少しでも皆さんの参考になれば幸いです。
ご質問、お問い合わせ等ございましたら、いつでもご連絡ください。

 

Add friend

 

最新情報をチェックしよう!
>最強のFX 自動売買EAの登場!

最強のFX 自動売買EAの登場!

皆さんにご使用頂きたい最強の無料EAです。目的は人それぞれかとは思いますが、お金を稼ぎたいという点は共通と思います。少しでも豊かな生活ができるよう、ご検討ください!いつ無料モニター終了になるかは分かりませんので、今がチャンスです!

CTR IMG